このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

固定資産の評価替えとは何ですか。

更新日:2018年4月1日

 固定資産税は、固定資産の有する価値に着目して課税するものですので、毎年度評価して、これを課税標準として課することが本来望ましいのですが、固定資産税の課税客体である土地及び家屋は非常に数が多く、評価事務に係るコスト等を考慮すると、一定の期間据え置くものとする方が合理的であると考えられます。このような見地から、土地及び家屋については、その課税標準である価格を原則として3年間据え置くこととされています。
 具体的には、土地及び家屋に対して課する固定資産税の課税標準は、基準年度においては、その年度の賦課期日における価格で固定資産課税台帳に登録されたものとし、第2年度及び第3年度においては、原則として新たな評価を行わず、その基準年度の固定資産税の課税標準となった価格で固定資産課税台帳に登録されたものとされています。
 なお、「基準年度」とは、昭和31年度及び昭和33年度並びに昭和33年度から起算して3年度または3の倍数の年度を経過したごとの年度をいうもので、最近では、平成30年度が基準年度となります。

お問い合わせ

税務課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1205(税制係・市民税係)0566-62-1008(土地係・家屋係) FAX:0566-62-1203

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

固定資産税

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る