このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

受益者負担金制度とは

更新日:2020年3月17日

 下水道が整備された区域では、汚水(生活排水など)が道路側溝などに流れなくなり、生活環境が改善されます。
 下水道区域外の人々の生活は、その利益を受ける事ができません。
 このため、下水道整備事業費を市税などの税金だけでまかなうことは、「税負担の公平」を欠くことになります。
 そこで、この下水道整備事業費の一部を、下水道が整備されることにより利益を受ける人たちに負担していただく制度が受益者負担金です。
※受益者負担金は、土地に対して一回のみの賦課徴収となります。分割納付であれば5年で、一括納付であれば一括納付したときに当該土地に対する負担金の納付は終わりになります。

お問い合わせ

下水道課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1029 FAX:0566-23-2087

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る