このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

8月の出来事

更新日:2019年8月28日

野田雨乞笠おどり

8月25日 野田八幡宮境内

1712年から300年ほど続く伝統行事、野田雨乞笠おどり。市無形民俗文化財に指定されており、雨へ感謝と願いの思いが受け継がれています。

神事の後はいよいよ踊りに。辺りが幻想的な雰囲気に包まれます。大人たちの力強い踊りや、子どもたちの普段とは違うきりっとした表情や真剣なまなざしはとても印象的で、その一瞬を逃がすまいと多くのカメラが構えていました。太鼓や笛の音が響き渡る空の下で、踊り手たちは力強く趣深い踊りを披露していました。

刈谷わんさか祭り2019

8月16日・17日 総合運動公園

今年も大きく盛り上がった、刈谷わんさか祭り。
前夜には市民盆おどり大会が開催され、当日は、流れ星のお笑いライブ、仮面ライダージオウのキャラクターショー、刈谷城盛り上げ隊のステージ演舞、体験型アトラクション、夏のお祭りには欠かせない屋台や飲食店が200店以上出店されるなど、1日中楽しむことができるほど見どころが盛りだくさん!
会場では大人から子どもまで笑い声であふれており、皆さんがすてきな笑顔を見せていました。

夜には、毎年恒例の花火大会が行われました。特大のスターマインや音楽に合わせて打ち上げられるMusicスターマインなど、さまざまな種類の花火が約7000発打ち上げられ今年も多くの人を魅了しました。

原爆パネル展

8月6日~8月15日 刈谷市役所

原爆展の様子

広島・長崎に原爆が投下されてから今年で74年になります。戦争を知らない世代の増加とともに、悲惨な戦争の記憶が風化しつつあります。戦争の悲惨さ、原爆の恐ろしさと平和の尊さ、大切さを再認識するため、『原爆と人間展』のパネルなどの展示を行っています。また、アニメ映画「つるにのって とも子の冒険」を放映しています。

久野真展 Metal Works

7月23日~9月1日 美術館

metal works title

美術館では、名古屋を拠点にしながら国際的に活躍した久野真(1921~98年)の作品が展示されています。久野真は、1950年代、石膏による作品で注目され、60年代からは、鉄、鉛、ステンレスへと素材を変えながら、従来の絵画のイメージを覆す作品を制作し続けました。本展では、初期から晩年までの代表作のほか、アトリエに遺された貴重な作品や資料を展示。緊張感や躍動感、そして詩情をも感じさせる久野の作品です。まだ、来館されていない方は、ぜひお越しください。

お問い合わせ

広報広聴課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1001 FAX:0566-23-1105

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成31年度の出来事

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る