このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

刈谷市民ホール(総合文化センター内)

新型コロナウイルス感染症対策情報

利用者のみなさまへのお願い

 利用者は、感染防止対策の徹底を図り、特に感染リスクが高いとされる次の活動については、利用の再検討をお願いします。

  • カラオケ、合唱、詩吟、尺八など大きな声を出す行為や飛沫を伴う楽器の演奏
  • 近距離で対面する社交ダンスなど

利用上の注意事項

 利用者は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、以下の対策を行ってください。

  • マスクを着用すること(舞台出演者等、特別な場合を除く)
  • 手指を消毒すること
  • 発熱、咳、咽頭痛など体調不良の方の入場制限
  • 利用する部屋等の換気を行うこと
  • 人と人の距離をできる限り2m空けること

 定員の2分の1以下の人数(下表参照)での利用をお願いします。

定員の目安
部屋名 通常 対策
大ホール 1,541席 770席以下
小ホール 282席 141席以下
リハーサル室1

92名

46名以下
リハーサル室2 51名 25名以下

 上記以外に、感染症拡大防止のため、ご協力をいただく場合がございますので、ご承知おきください。
 なお、今後の感染症の状況の変化に応じて、再度施設を臨時閉館するなど、利用取消のご連絡をする場合がありますので、その際にはご理解とご協力をお願いします。
 9月19日(土曜)以降に開催する催物について、当面11月末までの間、国が示す感染拡大防止措置をとることが可能な場合に、上記の人数制限を適用しないことが可能となりました。
 例えば、催物にかかる人数の上限について、国の定めた条件を満たした場合、収容率100%以内となります。こちらを希望される場合は、事前に各施設へお申し出ください。
 詳細は以下のファイルを参照してください。

施設概要

名古屋駅からJR東海道本線で約20分と交通アクセスに恵まれた環境にあり、大ホール(最大1,541席)、小ホール(最大282席)など充実した施設を備えています。

所在地

〒448-0858
刈谷市若松町2丁目104番地(刈谷市総合文化センター「アイリス」内) Google地図で見る(外部サイト)
電話 0566-21-7430

施設の構造

鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
地下1階、地上5階建

開館時間

午前9時から午後10時まで

休館日

毎月第1月曜日(祝日にあたる場合は翌日)、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)

駐車場

収容台数 610台(身体障害者用含)
利用時間 入庫 午前8時30分から午後10時まで
     出庫 24時間可能
利用料金 30分150円(施設利用者は入庫から4時間分無料)

交通

JR刈谷駅、名鉄刈谷駅に直結(南口より徒歩3分)

備考

  • エレベーター、多目的トイレがあります。
  • 施設全体にユニバーサルデザインを取り入れ、ホールを利用する方のご希望に応じて、磁気ループ設備を利用することができるほか、エレベーターのフットスイッチや補助犬用トイレ(小便専用)も整備しています。

利用案内

利用条件

どなたでも利用できます。

利用申込方法

直接施設でお申込み下さい。

刈谷市総合文化センター「アイリス」
〒448-0858
愛知県刈谷市若松町2丁目104番地
電話 0566-21-7430
E-mail info@kariya.hall-info.jp

利用料金

有料

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。施設料金表(外部リンク)

備考

詳しくは、「刈谷市総合文化センター」ホームページ(外部サイト)
※新規ウインドウで開きます。

部屋

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る